読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シグナル

プロセス同士が互いに通信する手段の1つ。kill -lでリストできる。

kill -l
 1) SIGHUP       2) SIGINT       3) SIGQUIT      4) SIGILL
 5) SIGTRAP      6) SIGABRT      7) SIGBUS       8) SIGFPE
 9) SIGKILL     10) SIGUSR1     11) SIGSEGV     12) SIGUSR2
13) SIGPIPE     14) SIGALRM     15) SIGTERM     17) SIGCHLD
.
.

シグナルはまずlinuxカーネルに送られ、カーネルはプロセスにすぐさま通知。
プロセスはこのシグナルに応答して、終了等のしかるべき対応をする、というモデルになっている
よく使うシグナルをまとめてみた。

  • SIGHUP(1)
    • HUPはhang-upの略
    • 端末との接続が切れたことを意味する
  • SIGINT(2)
    • INTはinterruptの略
    • 割り込みキーが押されたことを意味する
  • SIGKILL(9)
    • kill -9 コマンドが実行されたことを意味する
  • SIGTERM(15)
    • TERMはterminateの略
    • killコマンドが実行されたことを意味する