読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perlbrew + cpanm - モダンなPerl開発環境

perl

cpanmを使ってlocalなlibにモジュールインストールする方法は既に採用済みだったが、さらに押し進めてperlbrew + cpanmにしてみる。もちろん元ネタはtokuhiromさんのYAPC::Asia 2010のトークであることは言うまでもないw

perlbrew インストール

デフォルトでは~/perl5/perlbrewだが、階層掘って~/PerlDev/perl5/perlbrewにする。
PERLBREW_ROOTを環境変数に設定しておくのがポイント。

mkdir ~/PerlDev; cd ~/PerlDev
export PERLBREW_ROOT=~/PerlDev/perl5/perlbrew

curl -LO http://xrl.us/perlbrew
chmod +x perlbrew
./perlbrew install
rm ./perlbrew

perl perl5/perlbrew/bin/perlbrew init
vi .bashrc
# source /Users/ito.kotaro/PerlDev/perl5/perlbrew/etc/bashrc

vi /Users/ito.kotaro/PerlDev/perl5/perlbrew/etc/bashrc
# export PATH=/Users/ito.kotaro/PerlDev/perl5/perlbrew/bin:/Users/ito.kotaro/PerlDev/perl5/perlbrew/perls/current/bin:${PATH}
# export PERLBREW_ROOT=/Users/ito.kotaro/PerlDev/perl5/perlbrew

perl5.12.2をインストール

Perl5 のバージョンごとの使い分け - tokuhirom's blog.を見れば詳しいので、多くを語る必要はあるまい。

perlbrew install perl-5.12.2 
perlbrew switch perl-5.12.2
perl -v 

This is perl 5, version 12, subversion 2 (v5.12.2) built for darwin-2level

これでperl5.12.2が使えるようになりました!
あとはcpanmをインストールすればOK!
cpanmを使ってみる - kotaroito:エンジニア日記