読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Starting Mojolicious #1

いろんなWAFに触れて知見を深めよう第一弾としてのMojo。

Hello World

use strict;
use warnings;

use Mojolicious::Lite;

get '/' => {text => 'Hello World!'};

app->start;

と書いて

$ morbo hello_mojo.pl 
[Sat Nov 10 09:44:52 2012] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

を実行するだけでok。かんたん。

PSGI

実はそのままPSGIアプリとしても動く。

$ plackup hello_mojo.pl 
HTTP::Server::PSGI: Accepting connections at http://0:5000/

Mojoのポジション

MojoはもともとPerl 5.8.1さえ入っていればあとは何もいらない,FTPなどでも,あるいはWindowsなどでも簡単にインストールできるフレームワークというのがひとつのセールスポイントでしたが,Mojolicious::Liteのアプリケーションも,従来ならCGI.pmを使ってつくっていた一枚もののCGIアプリケーションと同じくらい手軽に書け,アップロードできるようになったという意味で,Mojo(licious)は以前にもまして「(FastCGImod_perlにも対応した)モダンなCGI.pm」としての性格が色濃くなったといえます。

http://gihyo.jp/dev/serial/01/modern-perl/0022?page=2

とのこと。

pros/consはyusukebeさんがhttp://yusukebe.com/archives/20120225/081052.htmlでまとめてくれています。

あまり中身のないポストだけど、アウトプットするのが大事ということで。これだけではWAFに触れるという目的を全く達成できてないので、次回もう少し複雑なものを書く!