読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac + VirtualBox + Vagrant で MySQLのレプリケーション環境構築

MySQLレプリケーションを手軽に試す環境が欲しいなぁと思い、Vagrant を使って複数のGuest OSを立ち上げてみることにした。

Environments

Host

Guest

マスター・スレーブ 1台ずつで。

Installation

VirtualBoxVagrant

それぞれ、Downloads – Oracle VM VirtualBoxDownload Vagrant - Vagrant から ダウンロードしてインストールすれば OK。

Guest OS

Guest OS は 今回は Ubuntu を使ってみることにする。適当な box を拾ってきてもいいが、せっかくなので Veewee で 一から作成する。

Ryuzeeさんの記事を参考にさせてもらいました。 www.ryuzee.com

veeweeをインストールする。

mkdir sandbox && git clone https://github.com/jedi4ever/veewee.git
cd veewee

bundle install

ISOイメージをダウンロードし、boxをbuildする。

bundle exec veewee vbox templates | grep ubuntu
veewee vbox define 'ubuntu-14.04-server-amd64' 'ubuntu-14.04-server-amd64' --workdir=/Users/kotaroito/sandbox/veewee

curl -LO http://releases.ubuntu.com/14.04/ubuntu-14.04.2-server-amd64.iso
mv ubuntu-14.04.2-server-amd64.iso iso/
veewee vbox build 'ubuntu-14.04-server-amd64'

boxをexportし、vagrantに追加する。

veewee vbox export 'ubuntu-14.04-server-amd64'
vagrant box add 'ubuntu-14.04-server-amd64' '/Users/kotaroito/sandbox/veewee/ubuntu-14.04-server-amd64.box'

Configuration

Vagrant

blog.hello-world.jp.net を参考にさせてもらった。

master と slave としてそれぞれ1つずつOSを立ち上げる。 ネットワーク設定は vagrantのネットワークについて - Qiita が分かりやすい。

Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "ubuntu-14.04-server-amd64"

  config.vm.define :db_master do |node|
    node.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  end

  config.vm.define :db_slave do |node|
    node.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
  end

かんたんにsshできるように、.ssh/config に登録しておく。

vagrant ssh-config db_master --host vagrantdbm >> ~/.ssh/config
vagrant ssh-config db_slave  --host vagrantdbs >> ~/.ssh/config

Guest OS(ここでは db_master と db_slave) を立ち上げる。

vagrant up

ssh vagrantdbm して、db_master に接続して、ネットワークをチェックする。

$ ifconfig 
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 08:00:27:c3:5a:0e
          inet addr:192.168.33.10  Bcast:192.168.33.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::a00:27ff:fec3:5a0e/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:153 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:106 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:21300 (21.3 KB)  TX bytes:19440 (19.4 KB)
          
$ ping 192.168.33.11
PING 192.168.33.11 (192.168.33.11) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.33.11: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.600 ms
64 bytes from 192.168.33.11: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.485 ms

MySQL

同じく http://blog.hello-world.jp.net/centos/556/ が詳しい。Ubuntu での手順を記しておく。

Master DB

mysql-serverをインストールする。

apt-get update
apt-get install mysql-server 

バイナリログを出力するよう設定する。

[mysqld]
server-id = 1
log_bin
bind-address = 0.0.0.0

レプリケーション権限を持つユーザ(repl)を設定する。

echo "GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO repl@192.168.33.11 IDENTIFIED BY 'repl';" | mysql -uroot

my.cnfの設定を有効にするため、mysqld を再起動する。

service mysql restart

Slave DB

mysql-serverをインストールする。

apt-get update
apt-get install mysql-server 

バイナリログを出力するよう設定する。

[mysqld]
server-id       = 2

my.cnfの設定を有効にするため、mysqld を再起動する。

service mysql restart

Replication

いよいよレプリケーションを試してみる。

まずは、マスターのポジションを確認する。 (クエリは自分以外には発行していない前提で)

mysql> SHOW MASTER STATUS \G
*************************** 1. row ***************************
            File: mysqld-bin.000003
        Position: 107
    Binlog_Do_DB:
Binlog_Ignore_DB:

次にスレーブでレプリケーションを設定する。

CHANGE MASTER TO
       MASTER_HOST='192.168.33.10',
       MASTER_USER='repl',
       MASTER_PASSWORD='repl',
       MASTER_LOG_FILE='mysqld-bin.000003',
       MASTER_LOG_POS=107;
       
START SLAVE;

レプリケーションの状態を確認する。

mysql> SHOW SLAVE STATUS\G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: 192.168.33.10
                  Master_User: repl
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysqld-bin.000003
          Read_Master_Log_Pos: 107
               Relay_Log_File: mysqld-relay-bin.000004
                Relay_Log_Pos: 254
        Relay_Master_Log_File: mysqld-bin.000003
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes
              Replicate_Do_DB:

Slave_IO_Running / Slave_SQL_Running が Yes なら大丈夫。

ハマりポイント

  1. バイナリーログのファイル名 当たり前だが、間違ってると動作しない。

  2. bind-address デフォルトで 127.0.0.1 になってたりするので注意。

  3. iptables 弾かれていないことを確認すべし。

確認

実際にレプリケーションされることを確認すべく、Master DB にデータを流し込む。 http://dev.mysql.com/doc/index-other.html の "world database" を使ってみる。

curl -LO http://downloads.mysql.com/docs/world.sql.gz
gzip -d world.sql.gz
mysql -uroot < world.sql

Slave DB で world データベースが見えれば、成功!

mysql> use world;
Database changed
mysql> show tables;
+-----------------+
| Tables_in_world |
+-----------------+
| City            |
| Country         |
| CountryLanguage |
+-----------------+